行政書士資格を取るために通信講座の費用も把握する|難関突破のカギ

女性

難関国家試験の受験準備

男女

独学より効率的

行政書士の国家試験は最難関のひとつと言われており、かつては合格率が数%台でしたが、最近では10%を超える年も出てきました。とはいえ試験そのものが簡単になったわけではなく、むしろ思考力を要求される難易度の高い問題が出題されるようになっています。合格率が上がっているのは、それだけ専門的な勉強をした受験生が増えているためと考えられます。本格的に行政書士の受験準備をするなら、各種学校に通学するのが効果的な方法です。しかし働きながら資格を取りたい方や、できるだけお金をかけたくない方は、通信講座を利用するという方法もあります。最初から必要十分な教材がそろっていて、独学で勉強するより効率が高くなる点が、通信講座のメリットです。

通学講座と同じ感覚で

行政書士の通学講座を開講している各種学校の中にも、通信講座を併設しているところがあります。これらは通信講座といっても学校で授業を受けることができたり、先生に直接質問できたりするのが特徴です。しかし通信講座専門の会社でも、最近ではDVDやインターネットで動画の授業を受けられるシステムが用意されています。また無料で質問を受け付けるサービスもあるので、通学講座と同じ感覚で利用できます。行政書士の試験は科目も多く出題範囲も広いため、頻出分野を絞り込んで勉強することが大切です。多くの通信講座では、カリキュラムやテキストのサンプルを無料で提供しているので、取り寄せて内容を比較検討してみるのも良いでしょう。

専門を選ぶ人に

男の人と女の人

保育士試験には受験資格も必要で、学歴が必要です。保育課程でなくてもいいので短大等に進学する必要があります。保育課程でない場合試験を受けないと取得できませんが、指定された学校を卒業する事で試験なしに取得する事も可能です。難しい試験と専門的な知識や技術を要する仕事なので、指定学校が選ばれています。

もっと読む

社会復帰の支援をします

男性

生まれつきの障がいや病気やけが、事故などによりことばや聞こえ、嚥下などが困難になった方のサポートをするのが言語聴覚士の仕事です。言語聴覚士になるためには、認可された大学や短大、専修学校で学ぶ必要があります。

もっと読む

各所から引く手あまたです

勉強

マネジメントの資格の習得を目指しているのであれば、通信講座を利用が最適です。無理することなく自身のペースで学ぶことができるからです。学習場所や時間に拘束されません。充実した試験対策を行ないたいのであれば、専門学校への入学もお勧めです。

もっと読む