専門を選ぶ人に|行政書士資格を取るために通信講座の費用も把握する|難関突破のカギ

行政書士資格を取るために通信講座の費用も把握する|難関突破のカギ

女の人

専門を選ぶ人に

男の人と女の人

2つの種類がある

保育士試験は13%前後の合格率であり、他の資格試験の中でも難しい試験と言えます。これは保育士になる方法として直接試験を受ける方法があり、そちらを選択した人の合格率です。多くの方は卒業と同時に試験を受けず取得できる、厚生労働省が認可する学校を選んでいます。専門学校では文科省・厚生労働省が指定した学校であり卒業すると資格が取得できます。しかし、専門学校では文科・厚生労働省指定校以外に、併修校といった認可を受けていない学校もあります。この場合、通信制短大を併修する事になります。つまり専門学校で専門的な教育を受け、それとは別に通信制の授業を受けるといった、少々ややこしい課程が必要です。結果、専門学校卒業ですが、短大卒業と同じ扱いになるのです。専門学校を選ぶ際、指定の有無も確認しておく必要があります。

より専門的な内容が学べる

大学・短大などでも保育士を目指せます。しかし、専門学校では他にはないより実践的な実技が学べます。入学後から即実習を行う所もあり、卒業後に保育士として即戦力となる様にカリキュラムが組まれています。保育士には知識だけでなく、ピアノやレクリエーションなど実技も非常に大切な職業です。就職にも大切な要素となるので、就職に強いのも魅力と言えます。短大や大学より費用も安く、より保育士としての専門性を養え、卒業すると短大と同じ学士が得られます。しかし、2年間なのでカリキュラムは凝縮されており、忙しい学生生活にはなります。また、短大や大学と違い保育士資格しか得られません。保育士として働く確かな覚悟と夢を持っている方に、最適な学校と言えます。