社会復帰の支援をします|行政書士資格を取るために通信講座の費用も把握する|難関突破のカギ

行政書士資格を取るために通信講座の費用も把握する|難関突破のカギ

女の人

社会復帰の支援をします

男性

どんな仕事なの

まずみなさんは言語聴覚士という職業があるのをご存じでしょうか。名前から言語に関する仕事であるのは理解できますが、具体的にどのような仕事内容なのかご存じない方も多いことでしょう。言語聴覚士とはことばや聞こえ、嚥下などが困難で、うまくことばを発せなかったり聞こえが悪くなったりしている方のサポートをするのが主な仕事です。生まれつきの障がいや病気やけが、加齢などが原因で話すことや聞くこと、食べることなどが難しい方は人とのコミュニケーションがとりづらくなり、本人や家族も引きこもりがちになってしまいます。その方の社会復帰の支援をするのが言語聴覚士であり、医療や福祉、学校教育などの現場で必要とされつつあり、今後ますます需要が高くなる仕事の一つと言えるでしょう。

どうやったらなれるの

言語聴覚士はありとあらゆる現場で必要とされるのはわかりましたが、実際どこでどのように勉強すればなれるものなのでしょうか。言語聴覚士になるためには、高校卒業後、文部科学大臣や都道府県知事が指定する大学や短大、専修学校などで学ぶケースと大学卒業後、指定された大学や大学院、専修学校などで学ぶコースがあります。それぞれの学校で学んだ後、言語聴覚士の国家資格を受験することができ、それに合格すれば言語聴覚士として認定されることになるのです。試験の開催場所や回数は限られていますので、受験は年に一度しかチャンスがやってきません。合格率は60%程度なので、知識や理論など基本的なことから幅広い分野までよく理解しておかなければなりません。